ブライダルネット 口コミ 体験談 結婚 評判

ブライダルネット 口コミ 30代後半男の私がブライダルネットで婚活し、不思議ちゃん医師セレブなどたくさんの方と会い、ついに運命の人と出会って結婚した実体験を赤裸々に公開! 入会時の手続きから、お相手検索、プチお見合い、VIPコースでの出会いなど、ブライダルネットの実態は・・・?!

断りのタイミングを見つけられず

<ブライダルネット体験談 第17話>

 

⇒ブライダルネットの公式サイト

 

 

K子さん、L子さんと一度ずつ会った後、私の心の中で、L子さんがK子さんを完全に逆転した。しかし、K子さんはかなり乗り気で、メールをこれまで以上にマメに送ってきたり、「次回はいつ会えますか」とアプローチしたりしてくる。

 

私のKさんに対するスタンスは、「傷つけずにお断りする」であったが、こうした積極的なKさんの前に、なかなかお断りのタイミングを見つけられずにいた。

 

ブライダルネットの場合、直接会ってお断りしたり、電話でお断りしたりする必要は全くないのだが、そこまでドライになり切れないのだった。

ほぼ同じ時期にメールのやり取り

ブライダルネットで知り合ったK子さんとL子さんと、ほぼ同じ時期にメールのやり取りをしていると、ついつい、どちらの人に何をどこまで話したか、分からなくなることがあった。これは、同時並行交際の弊害と言えるだろう。

 

一度会って、K子さんからもL子さんからも本名を教えてもらっていたが、万一、メールの文面でK子さんとL子さんを間違えてしまえば、K子さんにお断りの返事をする前に、K子さんとL子さんの両方からお断りされることにもなりかねない。

 

とはいえ、間違いそうになったことは、何度かあったのだが・・・。

お断りのメールを送ることに

そこで、K子さんに対して、お断りのメールを送ることに。

 

「大変良い方なのですが、私とは少しフィーリングが合わないようです」という当たり障りのない理由にもう少し肉付けした。Kさんからの返事はなし。特に返事を期待していたわけではなかったので、かえってよかった。

 

その後、K子さんのメールアドレスをアドレス帳から削除した。

 

ブライダルネットの約款等で義務付けられているわけではないが、エチケットとして当然のことだと考えたからだ。ケータイの電話番号はお互いにまだ教え合っていなかったので、その点は何もせずにすんだ。

 

 

ブライダルネット <NEXT>・・・ブライダルネット体験談 その18へ