ブライダルネット 口コミ 体験談 結婚 評判

ブライダルネット 口コミ 30代後半男の私がブライダルネットで婚活し、不思議ちゃん医師セレブなどたくさんの方と会い、ついに運命の人と出会って結婚した実体験を赤裸々に公開! 入会時の手続きから、お相手検索、プチお見合い、VIPコースでの出会いなど、ブライダルネットの実態は・・・?!

こんなプロフィール写真は残念

<ブライダルネット体験談 第9話>

 

⇒ブライダルネットの公式サイト

 

 

初めてお相手を検索してみて、つくづく感じたのは、写真は重要だということ。

 

自分も六本木ヒルズ近くのフォトスタジオで、人生で初めて本格的に撮ってもらったわけだが、掲載するプロフィール写真のよしあし、チョイスで、その女性の婚活に対する姿勢、真剣度が伝わってくるような気がしてならない。

 

残念なプロフィール写真の例を挙げてみる。
顔がどうだとか、体型がどうだとか、そういう話は横に置く。婚活支援サービスであるブライダルネットに掲載するのに、これはないだろうという写真の数々だ。

 

 

まず、女性(本人)よりも他の人や物の方が大きい写真。
隣に移っている友人や上司らしき人物の方が、本人よりもずっと大きいのだ。中には、ミッキーマウスや愛犬の方が、本人よりもずっと大きい写真まである。私は別にミッキーと交際したいわけでも、犬と結婚したいわけでもない。

 

写メや免許証の写真を再びケータイのカメラで写したもの、スピード写真(しかも白黒)など、やる気が感じられないのもNG。ふざけるなと言いたい。酔っ払っている写真も同様だ。失礼だとは思わないのだろうか?

 

 

唖然としたのは、部屋の中で撮影したと思われる写真で、洗濯物を干す紐と、靴下やシャツなどが一緒に写り込んでいるもの。そこまで生活感を出されては、私としては夢も希望も持てない。そもそも、布団くらいたたもう(万年床かと勘ぐってしまう)。

 

 

このほか、アキバ系のファッションで、大きめのバランスボールに座っている写真や、集合写真の自分の顔のところだけを四角にトリミングした写真、現在30歳なのに明らかに写真は高校か大学の頃のものといった、爆笑、苦笑を誘う写真が少なからず掲載されていた。

 

この時点で、プロフィールの他の情報を読む気がうせるのだ。

 

 

ブライダルネット クチコミ ・・・ブライダルネット体験談 その10へ